自転車版キャノンボール攻略!東京-大阪の約550kmを走破する

自転車版キャノンボール攻略!東京-大阪の約550kmを走破する

自転車版キャノンボールとは?

キャノンボールをご存知でしょうか?キャノンボールは東京の日本橋から大阪梅田振動交差点までの片道550キロもの距離を、自転車で24時間以内に走りきるチャレンジのことです。

もともとキャノンボールというジャッキーチェンが主演のカーレース映画が由来となっているようで、この映画は非公認で北アメリカ大陸を市販車でどれだけ早く横断するかを競うレースを展開しています。

日本におけるキャノンボールとして、2010年頃頃から自転車版キャノンボールが広がっていきました。

自転車版キャノンボールのルール

自主開催

キャノンボールはあくまでも自主開催です。ですから開催時期も自ら決めて、スタート地点も自ら決める必要があります。

自転車の交通ルールを厳守

キャノンボールの映画と違うのは、非公認とはいえ道路交通法や関連の法令はしっかりと守って走ることが大事です。

国道1号線は自転車の走行が不可の場所もありますから、そこは走らないようにする必要があります。

ソロ走行

発着地点での見送りや出迎え以外、ソロで走ることがルールになっています。集団走行だと個人の実力ではなくなるため、あくまでもソロで走ることを前提としたレースになります。

基本ルートは国道1号線

東名阪の途中ルートは高速やバイパスを除き自由ですが、国道1号線を目安としています。
またスタート地点についても明確なルールはなく、大雑把に大阪市内〜東京山手線内駅周辺で構いません。

スポンサードサーチ

自転車版キャノンボールの難易度は?


難易度ははっきり言って高いです。ゲーム感覚で挑戦したら痛い目を見ること間違いなしです。

これまで多くの強者が挑戦し、成功率は10%程度(120人中20名)という記録があるようです。
なお参加者は年々増加傾向にあるようです。

いくつか超えなければいけない難問があるのでそれらを攻略していく方法について解説していきます。

安田大サーカス団長も挑戦

安田大サーカス団長は自転車が大好きな芸人として有名ですが、ある番組でキャノンボールに挑戦をしています。大阪で購入した婚約指輪を東京に住む彼女に渡すという番組がDVDになっています。過酷さを知るにはみてもいいかもしれません。

その時のルートがこちら

  • 大阪・なんば
    指輪を買ってスタート
  • 京都・東寺前
    先輩芸人からエール
  • 滋賀・琵琶湖
    TKO木本からエール
  • 三重・鈴鹿峠
  • 愛知・名古屋
    森脇健児からエールをもらう
  • 愛知・安城
    思い出のコメダで補給
  • 静岡・浜名湖
    極楽湯で休憩
  • 静岡・菊川
    御前崎回避のルート
  • 静岡・大崩
    大崩海岸で絶景
  • 静岡・富士
    よゐこ有野からエール
  • 静岡・箱根
    鶴見辰吾と一緒に登る
  • 神奈川・小田原
    LEGONの面々が駆けつける
  • 神奈川・川崎
    多摩川大橋で東京入り
  • 東京・東京タワー
    ゴール

キャノンボール達成者の記録

初代達成者 やんぐ・ちゃあはんさん(2007年11月23日)

  • 東向き(551.40km)
    時間:23時間48分
    平均時速:26.8km
  • 西向き(538.24km)
    時間:21時間
    平均時速:29.1km

やんぐ・ちゃあはんさんからのアドバイス

  1. 毎回安定して200kmを走れるようにする
  2. 脚の特徴を知る
  3. 長い時間走った時どこに痛みが出るか。
  4. 症状を軽減する走り方はあるか。
  5. どれくらいの強度でどれくらい走れるか
  6. 道をしっかり覚える
    道を熟知しておかないと迷います。迷ってしまうと不安が募るので良くないとのこと。
  7. 機能性の高いアンダー、グローブ、シューズカバー、レーパン、サドル等は自分にあったものを準備する。
  8. 荷物は自転車につけるようにして、リュックやサドルキャリアは使わない。

自転車版キャノンボールの攻略方法

キャノンボール初心者はまず部分的に走る

いきなりキャノンボールの本番に挑むことは誰もオススメしていません。まずは1日50kmからスタートして以下のように徐々に距離を伸ばしていくことを推奨している人が大半です。

  • 100km
  • 200km
  • 2日連続200km
  • 300km
  • ナイトラン(深夜〜早朝)
  • 東京〜名古屋(400km)
  • キャノンボールの挑戦

ルートを決めて覚える

国道1号を走ることを基本としていますが、国道1号線は、自転車通行不可の場所が多く、ルートを独自で決める必要があります。またルート検索だけではどうしても分からない点が多くできれば試走するのがベストと言えます。

参考までに成功者の方のルートを掲載してみます。

薄軽筆入れさんのルート

  • 走行距離:532.68km
  • 総所要時間:22時間35分
  • ルート概要
    日本橋〜戸塚〜山北〜静岡駅〜浜名湖〜名古屋〜伊賀〜梅田新道

https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=86a074a2b8c4ef2d5ee24603acf9a8bc

箱根峠を超えないルート

箱根峠は難所とされているため、峠を越えないルートもあります。

https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=ee15375ac82420bfbcbb6d17f7e7ec82

実施時期を決める

季節

キャノンボールはただでさえ肉体的に過酷ですから、真冬や真夏などの時期にはやらない方がいいでしょう。
春や秋の中でも3月下旬から5月、9月下旬から11月初旬がシーズンと言えます。

天気

天気は大事です。

  1. 雨が降らない日
  2. 追い風が多い
  3. 気温変化が少ない

といった条件を満たせる日程がいいです。
ただ全ての条件を満たした日を待っていても仕方がないので、理想に近い日をねっとで調べましょう決めていきましょう。

風向き

風向きはキャノンボールの挑戦者にとって1番の大敵となる可能性があります。

実は東京発の場合は日本の偏西風の影響で、向かい風の場合が高く、難易度が高くなります。一方で大阪発であれば追い風となる確率が高いため、大阪発を選ぶ人が多いようです。

これらのサイトで参考となる情報が検索できますが、このサイトでは向こう2日間の風向きを3時間単位で確認することができます。
https://www.sunny-spot.net/wind/index.html?area=5

時間帯

キャノンボールは24時間の内に、東京、名古屋、大阪の3大都市を通る必要があるため、交通量の多いこれらの都市を通過する時間が重要です。
一方で山間部は夜間は危険となるため、できれば昼間を中心に抜けられるのがベストとなります。季節によって変わってきますが、深夜帯に出発するのが一般的にベストと言えます。

スポンサードサーチ

まとめ

キャノンボールの注意点と攻略方法についてまとめてきました。キャノンボールを攻略するには対策と訓練を行う必要があるので決して軽いノリで挑戦することのないよう注意しましょう。

自転車カテゴリの最新記事