【保存版】海外SIMカードの購入や設定方法を徹底解説!海外SIMでお得に旅行

海外でSIMカードを活用
海外でSIMカードを活用
  1. 海外で現地のSIMカードを使うには
  2. 海外で現地SIMカードを購入する前の準備
    1. SIMフリーのスマートフォン
    2. 日本のキャリアからスマホを購入していてもSIMロック解除できる
    3. Appleストアで購入したiPhoneはSIMフリー
    4. 海外のSIMカード
    5. SIMカードを取り出すピン
    6. SIMピンをなくしてしまったら
    7. SIMピンを購入する場合
    8. SIMピンを身の回りのもので代用する場合
    9. 日本のSIMカードを保存しておくケース
  3. 海外で現地simカードを購入する方法
    1. 渡航先の現地でSIMカードを購入する
    2. 海外SIMカードをネットで事前に購入する場合
    3. ネットで事前予約をして現地でSIMカードを受け取る
  4. 海外で現地SIMカードを購入する際の注意点
    1. SIMカードのデータ容量と有効期限
    2. SIMカードのサイズ
    3. SIMカードが使える国
    4. データローミングとは?
    5. スマホと現地の携帯会社の相性も要チェック
  5. 海外の現地simカードの設定方法
    1. ①SIMカードをSIMトレイに挿入する
    2. ②APN設定をする
  6. 海外SIMカードに関するFAQ
    1. 海外SIMカードを導入すると電話番号は変わるの?
    2. 海外SIMカードで電話はできるの?
    3. 海外SIMカードはテザリングはできるの?
    4. 海外向けレンタルwifiとSIMカードどっちがいいの?
    5. 海外SIMカードでLINEはそのまま使えるの?
    6. au、ドコモ、ソフトバンクの端末をsimフリーにする方法
  7. 海外旅行におすすめのsimカード
    1. AIS SIM2Fly アジア16か国対応SIMカード
    2. AIS SIM2FLY 60か国ヨーロッパ・アジア周遊SIMカード
    3. Wi-Ho!SIM 32か国対応SIMカード(30日間、5GB)
    4. Three 世界42か国対応プリペイドSIMカード
    5. YUNYOBO 110か国対応SIMカード
  8. 海外のsimカードについてのまとめ
スポンサーリンク

海外で現地のSIMカードを使うには

海外に行く際にスマホのネットはどうしていますか?現地のsimカードを使うのが一番安いのですが、どうすればいいかわからない人が多いかもしれません。かといって、日本のキャリアの高いプランを使うのは勿体ないし、機内モードにしたままwifiの繋がるところだけでどうにかするのも不便ですよね。

結論から言うと、現地simカードを利用するのは、たとえ英語が苦手な人でも、機械音痴な人でも非常に簡単に使うことができます。しかも海外のSIMカードはプリペイドなので高額請求される心配もありません!

「難しそう・・・」「なんだか不安・・・」「もし繋がらなかったらどうしよう・・・」とか不安の方は、この記事を順番に見ていただければ、次回の旅行から現地のsimカードが使えるようになること間違いなしです。

手っ取り早くおすすめのsimカードの情報だけ欲しい人は最下部のところから記事をご覧ください。

今すぐSIMカードをお得に買いたい人は以下から購入!
大体30%OFFで買えます。

KLOOKでお得なSIMカードを検索

スポンサーリンク

海外で現地SIMカードを購入する前の準備

海外旅行で現地のSIMカードを使うために準備するものはこれだけです。

・SIMフリーのスマートフォン
・現地のSIMカード
・SIMカードを取り出すピン(必須ではないです。)
・日本のSIMカードを保存しておくケース

SIMフリーのスマートフォン

 

SIMフリー スマホ

SIMフリー スマホ

海外のSIMカードを使うにはSIMフリーのスマートフォンが必須です。日本の携帯キャリアである、docomoやsoftbank、auから買ったスマホの場合、他のキャリアのものが使えないようにSIMロックがかかっており、その場合海外のSIMカードを使うことができません。
このSIMロックがなく、どこのSIMカードでも使えるようになっているスマホのことをSIMフリーのスマホと呼びます。

日本のキャリアからスマホを購入していてもSIMロック解除できる

SIMロックのかかっている携帯を持っている方もご安心ください。最近は携帯キャリアがSIMロックを解除してくれるサービスを行っています。

各社SIMロック解除の条件は設けられていますが、販売店やネット上でSIMロック解除の手続きが簡単に行えます。一度チェックしてみましょう。S

Appleストアで購入したiPhoneはSIMフリー

日本のキャリアから購入したiPhoneはSIMロックがかかっているのですが、Appleストアで購入したiPhoneはなんと最初からSIMフリーとなっています。ですからSIMロックの解除いらずにそのまま使用することが可能です。余談ですが、iPhoneを買う場合はApppleストアから購入したほうが何かと便利ということです。

海外のSIMカード

海外 SIMカード

海外 SIMカード

SIMカードはどれを買ってもいいわけではなく、もちろんその地域で使えるものを購入する必要があります。SIMカードによってはアジア周遊用など、複数の国で使えるものもあるので、旅行に合わせて購入するといいでしょう。また容量や期間も各社それぞれ用意していますので、用途によってあわせましょう。

SIMカードを取り出すピン

SIMカード ピン

SIMカード ピン

SIMカードはスマホから取り出すときに専用のピンを使います。SIMピンと呼ばれるものなのですが、これは通常スマホを購入したときに一緒に箱に同梱されています。

このピンをSIMカードの入っている場所の穴に差し込むことでSIMカードが取り出すことができます。

ただ実際には、現地のプリペイドSIMの販売店でSIMカードを入れ替えて設定してくれることが多いので必須ではありません。ただコンビニで購入したり、事前にネットで購入していく場合には自分で設定する必要があるので、その時は必ずSIMピンを持っていきましょう。

SIMピンをなくしてしまったら

SIMピンをなくしてしまっても問題ありません。新しく購入することもできますし、他のもので代用することもできます。

SIMピンを購入する場合

以下のようなSIMピンを購入しましょう。

 

SIMピンを身の回りのもので代用する場合

SIMカード代用はゼムグリップ

SIMカード代用はゼムグリップ

一番いいのはゼムクリップです。曲がっている部分を伸ばせば、SIMピンとほぼ同じ形状となり非常に使いやすいです。もしくは安全ピンですね。先が尖っているためスマホを傷つけることのないように注意をしましょう。なお取り出す際には、しっかりと差込んでSIMカードを落とさないように抜き取りましょう。

日本のSIMカードを保存しておくケース

海外SIMカード ケース

海外SIMカード ケース

機種によっては2枚のSIMカードが同時に入れられるものもありますが、もし1枚しか入らないスマホの場合は、海外のSIMカードを入れるときに日本のSIMカードを抜く必要があります。このSIMカードをなくしてしまったは大変なので、必ず保管できるものを用意しておくといいと思います。SIMカードはとても小さいので、例えば財布やカバンの中に入れてしまうと見つからずに焦ります。なくして再発行手続きに時間とお金をかけるくらいなら、専用のケースを買ってしっかりと保管できるようにしておきましょう。

海外で現地simカードを購入する方法

海外で使うSIMカードを手に入れる方法は大まかに分けて2通りあります。

・渡航先の現地でSIMカード購入する
・事前にネットでSIMカードを購入する
・ネットで購入して現地でSIMカードを受け取る(対象国は限定的)

ネットで購入する場合は、海外に行く前に日本で事前に購入することもできますので、英語が不安だったり、どこで購入できるかわからない場合は、日本で買っておくといいかもしれません。

それぞれの方法についてこれから解説していきます。

渡航先の現地でSIMカードを購入する

SIMカード ショップ

SIMカード ショップ

海外のSIMカードはプリペイドなので、購入時にお金を支払ってその分の利用ができるものがほとんどです。また購入できる場所は多く、空港の中、街中の携帯ショップ、コンビニなど色々な場所で買うことができます。一番のおすすめは空港内の携帯ショップがいいと思います。空港内であれば、大体が到着口から出たところに用意されており、店員も慣れているのですぐに交換をしてくれます。また昨今では旅にネット回線は欠かせないですよね。すぐに連絡を取りたかったり、もしくは行先を調べたり、タクシーを呼ぶアプリを起動したりすることもあるでしょう。

ちなみに私が住んでいるマレーシアを例に挙げると、以下のような形で進みます。

①店員にSIMカードが欲しい旨を伝える。

②どのプランがいいか聞かれるので、答える。

旅中で動画ダウンロードやその他大きなデータを扱う予定がなければ、用意されているプランで旅行期間をベースに購入を決めるといいと思います。ほとんどの場合、用意されている容量の大半が余ります。

③パスポートを提示する。

パスポートは必須です。もし家族分のSIMカードを購入するなら家族分のパスポートを持って行ってください。

④店舗のスタッフが設定してくれます。

もしかしたら英語の設定にするように聞かれるかもしれませんが、ほとんど場合はSIMカードを差し込むだけで設定が完了します。

⑤スマホを受け取ったらその場で繋がっているか確認しましょう。

ネットを開いて何か調べて見るといいでしょう。繋がってなければ繋がっていないと伝えれば設定をしてくれます。

ちなみに、このやりとりは長くてもたった1-2分で完了します。どうですか、簡単ではないですか?

海外SIMカードをネットで事前に購入する場合

海外SIM ネットで購入

海外SIM ネットで購入

もう一つは海外SIMカードをAmazonを使って事前に購入するパターンです。例えば英語が不安な方、現地で本当に買えるか不安な方にとっては確実な方法と言えます。ちなみに手元に届くまで時間がかかることが多いので、予め余裕をもって検討することをおすすめします。

なお日本の通信キャリアからも海外専用のSIMカードが販売されており、その場合日本語でのサポートを受けられます。不安なかたはこちらを選んでもいいかもしれませんが、海外のSIMと比べるとかなり割高になります。それでも安心して使い方にはおすすめです。

ネットで事前予約をして現地でSIMカードを受け取る

海外SIMカード ネット 購入

海外SIMカード ネット 購入

Klookという便利なサービスを利用すると、海外のSIMカードを格安に購入することができます。しかも受け取り場所は現地の空港や携帯キャリアの店舗なので、時間がなくても購入できますし、なんといっても店員とのやりとりがほとんどなく、購入したページを見せるだけで店員があとは自動でやってくれます。

おそらく今はこの方法が個人的には一番おすすめのやり方です。

ただKlookが対象としているエリアはまだ拡大中なので、世界の主要都市は対応していますが、マイナーな場所だと対応してない場合があるのでホームページを確認してください。

①以下のページにアクセスして、場所を入力。
②SIMカードを選択すると、いくつかのプランが提示されるので選びましょう。そのときに受け取る空港の場所が選べます。
③購入すると、QRコード付きのメールが届きます。
④現地に到着したらそのQRコードを見せてください。あとは店員が設定をしてくれます。

KLOOKで早速調べてみたい方は以下から

SIMカードを検索

海外で現地SIMカードを購入する際の注意点

海外のSIMカードを購入する際に注意する点をいくつか紹介していきます。

・SIMカードのデータ容量と有効期限
・SIMカードのサイズ
・SIMカードが使える国

SIMカードのデータ容量と有効期限

SIMカード データ容量

SIMカード データ容量

プリペイドSIMカードのデータ通信は、500MBくらいから無制限まで様々な選択肢があります。また最近ではLINEやFacebook、InstagramといったSNSのデータ通信無制限や、Youtube等の動画サービスにデータ容量をおまけしてくれるSIMカードが多いです。ですのでよっぽど大量のデータを扱わない限りは、最低限のプランと旅行期間のものを選べば問題ないです。

また旅行中にデータを使い切ってしまっても、お金を利チャージすることでSIMカードを使うことができます。その場合はクレジットカードでチャージする方法が多いです。

マレーシアの場合だと3日くらいから30日まで対応したもので、データ容量は15G~30Gくらいのものが多いです。旅行でなくても、かなり余裕のあるデータ容量だと思います。

SIMカードのサイズ

SIMカードのサイズは3種類ありまして、上から順番に大きいサイズのSIMカードになります。

・標準SIM
・microSIM
・nanoSIM

なおiPhone5以降の端末は、1番小さなnanoSIMなので、ほとんどの方はnanoSIM対応のスマホを使っていると思ってください。

SIMカードのサイズが合わないと使えないので、購入前に自分のスマホが何のSIMなのか確認しておくといいでしょう。ちなみに、最近のSIMカードはどのSIMサイズにも対応できるように作られているので大きな心配をする必要はありません。

SIMカードが使える国

海外の現地でSIMカードを購入する場合は、その国に間違いなく対応しているので対象国はそこまで気にする必要がないでしょう。ただもし周辺の国も周遊する場合は、少し割高になるかもしれませんが対象国で使えるものを購入したほうがいいです。

ちなみに個人的な印象ですが、Amazonで購入するSIMカードはアジア全域対応するなど広範囲の国に対応しているものが多いです。なので周遊する場合は、Amazonで事前に購入しておくのがいいかもしれません。

なお周遊するときは、メインの国以外ではローミングを使うので、スマホのデータローミング設定がONになっていることを確認してください。

データローミングとは?

海外SIMカード ローミング

海外SIMカード ローミング

データローミングとは、契約している通信会社の電場圏外に行ったときに、その通信会社が提携している現地の電波を利用できる仕組みのことを指します。

例えばマレーシアの携帯会社のSIMカードを利用しており、シンガポールに行ったときに、マレーシアの携帯会社が提携しているシンガポール現地の携帯会社の回線を使うようになることです。

この仕組みはとても便利なのですが、通信費が契約外となり、高額になる危険性があります。周遊用のプリペイドSIMは高額にならずに、利用制限がかかるだけですので安心してください。

スマホと現地の携帯会社の相性も要チェック

なおお持ちのスマホの通信2G,3G,4Gと対応周波数(バンド)と、現地の通信キャリアの提供する電波と相性が悪く、うまく電波を拾ってくれない場合があります。

これはスマホごとに対応周波数が異なっているため、もし電波をうまく拾ってくれない場合は確認することが必要になります。

こちらのサイトで手軽に自分の端末と海外の国の通信キャリアを選択するだけで互換性をチェックできます。

日本の方はiPhone所有者が多いかと思いますが、iPhoneであればほぼ世界中で使えるようになっています。一方でAndroidスマホは特別仕様になっていることがあるので念のため確認しておきましょう。

https://jp.etoren.com/pages/phone-network-check

海外の現地simカードの設定方法

海外SIMカード 設定

海外SIMカード 設定

海外のSIMカードを現地の携帯ショップで購入した場合はスタッフの人が初期設定をしてくれますが、日本で購入したSIMカードや海外のコンビニ等で購入した場合は自力で設定する必要があります。

ただほとんどの場合は、SIMカードを挿入するだけの手続きで完了するので、1-2分で完了できるでしょう。

①SIMカードをSIMトレイに挿入する

まずは携帯の電源を切りましょう。電源が切れたことが確認できたら、SIMピンを差し込んでSIMトレイを取り出します。すでに入っているSIMカードはしっかりと保管しておきましょう。紛失するとすごく面倒です。

新しく購入したSIMカードをトレイに乗せてスマホに挿入して電源をつけます。

電源をつけた時点で②の設定は自動でされると思いますが、もしされなかった場合や念のため確認をしておきます。

②APN設定をする

APN(アクセスポイント名の略称)で、スマホに使いたいネット回線を指定するためのものです。SIMカードに付属している説明書をみて、スマホに設定されているAPNが間違いないか確認しましょう。もし間違いがあれば説明書に従って設定をします。

設定はこれだけです。とても簡単ですね。

海外SIMカードに関するFAQ

海外SIMカードを導入すると電話番号は変わるの?

はい、電話番号が割り当てられていればその電話番号に切り替わります。電話番号はSIMカードがくっついていた台紙に記載されています。そのため日本の電話番号での着信はできなくなりますので注意してください。なお最近のスマホはデュアルSIMといって2つのSIMを同時に挿入できるものがありますが、それを使うと日本での電話番号でも着信が可能です。もしビジネスできていて携帯電話での着信をしたい場合は、できれば事前にデュアルSIMのスマホを調達しておけるといいでしょう。iPhoneの場合だとiPhone XS以降に対応しているようです。日本のSIMは必ずデータローミングはOFFにしておきましょう。

海外SIMカードで電話はできるの?

音声通話が付いているものでしたら電話はできます。現地の番号となりますので、日本に電話をかけたい場合は国際電話となりますので注意しましょう。ちなみにSIMによっては音声通話が無制限のものも売っていますので、もし電話をかける必要があればそのようなSIMを購入するのもいいでしょう。

海外SIMカードはテザリングはできるの?

テザリングは可能です。ご存知でない方のために解説すると、テザリングとは、モバイルデータ通信ができる端末(つまりスマホ)を利用してPCヤタブレット、ゲーム機などをネット接続することです。テザリングで接続する方法は3パターンありまして、wifi接続、bluetooth接続、USB接続です。

USB接続

wifi接続

Bluetooth接続

回線スピード

最も早い

早い

遅め

バッテリー消耗

充電しながら接続できる

激しい

少なめ

セキュリティ

有線のためセキュリティ高

周辺機器

ケーブルが必要

ケーブル不要

ケーブル不要

海外向けレンタルwifiとSIMカードどっちがいいの?

海外向けのレンタルwifiの場合、SIMよりも割高になると思ってください。一方で複数の端末をつなげてネット回線を使いたい場合にはレンタルwifiの方が経済的である場合もありますが、1-2台であればスマホでもテザリングができますのでスマホSIMカードで十分でしょう。

海外SIMカードでLINEはそのまま使えるの?

中国を除いてLINEをそのまま使うことが可能です。ただLINEは日本にだけ利用が多いため、海外に行った場合、whatsappやwechatなどのSNSをダウンロードしておくとかなり便利に使えます。特にアクティビティの予約等はこれらのSNSを使って予約ができて便利です。

また中国の場合は、LINEに限らず多くの海外のサービスが利用できないため潔く諦めるか、これから紹介する対策を利用しましょう。

この方法はある程度危険性も考慮した上で利用する必要があることをご理解の上ご利用ください。

VPNネコという、簡単に言うと擬似的に日本の回線を使って日本からアクセスしているように見せる方法です。

Appstoreやgoogleplayで「VPN ネコ」と検索しましょう。該当したアプリをダウンロードして、アクセス先を日本にすればLINE等のアプリにつなぐことができます。なおVPNは一定時間経過したり電源を落とすと切れます。そのため、毎回接続する必要はあります。

au、ドコモ、ソフトバンクの端末をsimフリーにする方法

日本の携帯キャリアからスマホを購入している場合、SIMロックがかかっており、そのままでは海外で利用することができません。そのためSIMロックを解除する必要があるのですが、その方法について簡単に解説します。

まずそもそもSIMロック解除はすべての端末でできるわけではありません。以下の条件を満たした端末にのみロックが解除できます。なおキャリアによって条件は少し異なる場合があるので契約会社の内容を確認しましょう。キャリア名xSIMロック解除と調べればすぐに情報にたどり着くことができます。

・2015年4月以降に発売されたSIMロック解除対応スマホであること
・ネットワーク利用制限中のスマホでないこと
・購入日から101日経過していること
・スマホの残債がないこと

上記条件を満たしてない場合、残念ながらSIMロックを解除できません。海外でのSIM利用は諦めてレンタルwifi等を活用するか、格安のSIMフリー携帯を海外用に購入するかしましょう。

なおSIMロック解除は、店舗またはネットのどちらからでも手続きが可能ですが、店舗の場合手数料が取られます。ネットからでも簡単にできますので、各社キャリアのホームページを確認して手続きを行ってください。

海外旅行におすすめのsimカード

AIS SIM2Fly アジア16か国対応SIMカード

海外SIMカード AIS SIM2Fly

海外SIMカード AIS SIM2Fly

このSIMカードはタイの最大手キャリアであるAISが提供しているSIMカードです。タイから海外に行く人向けに販売されているSIMカードなのですが日本のAmazonで購入することができます。

データ量:4GB(4GBを超えると、通信速度が128kbpsへ制限されます)
期間:8日間
対応国
アジア16か国
韓国、香港、台湾、インド、シンガポール、マレーシア、日本、ラオス、マカオ、フィリピン、カンボジア、ミャンマー、スリランカ、 オーストラリア、ネパール、インドネシア、カタール

AISアジア16カ国 周遊プリペイドSIM 4GB 8日間 4G・3Gデータ通信使い放題 / 韓国 台湾 香港 シンガポール マカオ マレーシア フィリピン インド カンボジア ラオス ミャンマー オーストラリア ネパール  ※日本でも利用可能
A.I.S

 

 

それ以上旅行をする場合や、家族分購入したい場合は2枚セットで割安に販売されているのでこちらもおすすめ。

AIS SIM2FLY 60か国ヨーロッパ・アジア周遊SIMカード

AIS SIM2Fly ヨーロッパ SIMカード

AIS SIM2Fly ヨーロッパ SIMカード

上記と同じくAISのSIMカードで、ヨーロッパとアジアの全60か国に対応したSIMカードです。

データ量:8GB(4GBを超えると、通信速度が128kbpsへ制限されます)
期間:15日間
対応国:
【ヨーロッパ】アイルランド イギリス イタリア オーランド諸島 オーストリア オランダ ギリシャ スイス スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島 スウェーデン スペイン チェコ ドイツ ノルウェー ハンガリー フィンランド フランス ベルギー ポルトガル ロシア
【アジア】インド 韓国 カンボジア シンガポール 台湾 日本 ネパール フィリピン 香港 マカオ マレーシア ミャンマー ラオス
【オセアニア】オーストラリア ニュージーランド
【アメリカ】アメリカ(サイパン・グアムは除く) カナダ
【中東】オマーン カタール トルコ
【アフリカ】南アフリカ共和国

Wi-Ho!SIM 32か国対応SIMカード(30日間、5GB)

Wi-Ho!SIM 海外SIMカード

Wi-Ho!SIM 海外SIMカード

オランダ大手のKPNが提供するSIMカードで、ヨーロッパでの利用が可能です。特徴は日本語の24時間サポートがあることです。SIMカードのことで不安がある人はこちらのSIMカードはおすすめです。

データ容量:5GB-10GB
期間:30日間
対応国:
アイスランド / アイルランド / イギリス / イタリア / エストニア / オーストリア / オランダ / キプロス / ギリシャ / クロアチア / ジブラルタル / スイス / スウェーデン / スペイン / スロバキア / スロベニア / チェコ / デンマーク / ドイツ / ノルウェー / ハンガリー / フィンランド / フランス / ブルガリア / ベルギー / ポーランド / ポルトガル / マルタ / リトアニア / リヒテンシュタイン / ルーマニア / ルクセンブルク

Three 世界42か国対応プリペイドSIMカード

Threeデータ通信プリペイドSIMカード

Threeデータ通信プリペイドSIMカード

オーストラリアの最大手キャリアthreeが提供するSIMカードです。

データ容量:3GB
期間:90日間
対応国:
イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、スイス、ベルギー、オランダ、ギリシャ、ポルトガル、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、アイルランド、ポーランド、ラトビア、エストニア、リトアニア、ルクセンブルグ、ハンガリー、アイスランド、チェコ、オーストリア、クロアチア、キプロス、ブルガリア、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、リヒテンシュタイン、マルタ、ジブラルタル、マン島、チャンネル諸島、アゾレス諸島、オーランド諸島、バレアレス諸島、アメリカ(グアム・サイパン除く)、オーストラリア、ニュージーランド、香港、マカオ、イスラエル、インドネシア、スリランカ、ブラジル、シンガポール

 

YUNYOBO 110か国対応SIMカード

YUNYOBO 110か国対応SIMカード

YUNYOBO 110か国対応SIMカード

世界110か国の国々で格安のプランができるグローバルSIMカードです。他のSIMカードとことなるのは、それぞれの訪問先の国々で格安プランと契約するため繰り返し利用できるSIMカードになっています。世界各国によく出張や旅行に出かける方には便利なSIMカードでしょう。

 

対応国と使えるプランは以下のページで紹介されています。

https://yunyobo-japan.com/regions/

海外のsimカードについてのまとめ

今回は海外旅行先で利用するSIMカードの設定方法や使い方、おすすめSIMカードについてご紹介してきました。

最初は難しく感じそうですが、一度やって慣れてしまえば簡単です。慣れるまでは海外の携帯会社のスタッフから購入するのがお勧めです。スタッフの人は慣れていますし、ものの1分程度で設定を完了してくれます。

海外でも日本と同じようにネットに繋げられれば、旅行も一段と楽しくなること間違いなしです。ぜひ挑戦してみましょう。

コメント

  1. […] 【保存版】海外SIMカードの購入や設定方法を徹底解説!海外SIMでお得に旅行 […]

タイトルとURLをコピーしました