マレーシアと日本の時差は?|知っておきたいマレーシアの時間について

時計
スポンサーリンク

マレーシアの時差は1時間だけ

マレーシアとの時差は一時間

マレーシアとの時差は一時間

マレーシア旅行において必ずおさえておきたいのがマレーシアと日本の時差です。

1時間、日本よりも遅れていますサマータイムはありません。

日本が12時の時、マレーシアは11時になります。

ちなみに、マレーシアのすぐ真下のシンガポールと日本の時差も1時間。しかし、マレーシアのすぐ真上にあるタイとの時差は2時間。更にシンガポールよりも日本に近いベトナムとの時差も2時間です。

そのため、マレーシアからこういった近隣諸国に旅行をすると時差が生まれます。少し不思議なマレーシアの時間。今回はそんなマレーシアの時差の不思議について調べてみました。


スポンサーリンク

マレーシアの時差①そもそもマレーシアはどこにあるの?

赤い線で囲まれているところがマレーシアです。

こうやってみてみると、より周囲の国との時差の違いが気になってきますよね。

マレーシアの時差②マレーシアと近隣諸国のタイムゾーンマップ

タイムテーブルマップ

タイムゾーンマップ

よりわかりやすく、タイムゾーンマップでみてみましょう。

左から赤+6、青+7、緑+8、黄+9、赤+10となります。

+は協定世界時()からその数字分、標準時間が進んでることを表しています。

日本は+9に位置し、レーシアは+8ですので日本との時差は1時間であることがわかります。

マレーシアのところだけ線が歪な形になっているのがわかるかとおもいます。しかしマレーシアだけではなく、シンガポールも同じ不思議な時間になっていますね。何故でしょうか。

マレーシアの時差③なぜマレーシアとの時差は1時間なの?

どうやら、理由は二つあるようです。

かつてはイギリス領だったから

かつてはイギリス領だった

かつてはイギリス領だった

戦争や植民地支配など、日本にいると昔のことに感じますが、実はマレーシアが独立したのは1963年9月16日。

マレーシアは元々イギリスの植民地で、第二次世界大戦中は日本の軍事下に置かれていましたが、1945年の終戦後からわずか60年ほど前まで、再びイギリスの支配下に置かれてました。

そのため、マレーシアの国旗を改めてみてみるとイギリスのユニオンジャックの色が使われているのに気がつきませんか?(国旗の詳しい説明についてはこちら)他にもアフタヌーンティーの習慣やキリスト教の教会など、イギリス文化が感じることができます。

当時のイギリスが、マレーシアと同時期にイギリス領におかれていた香港とマレーシア時間を合わせたといわれています。上のタイムゾーンマップで確認すると、たしかに香港は+8ですね。その結果、日本との時差が1時間になりました。

ちなみにシンガポールはもともとマレーシアに属しており、1965年にマレーシアから独立した後もそのまま同じ時間を使っているために日本との時差は1時間となっています。

経済的な理由

マレーシアは(シンガポールも)多民族国家です。

その中でも中華系が約3割を占めており、中国や香港、台湾との結びつきが強くなっています。

そのため、経済的な理由から時差を合わせているようです。

マレーシアの時差④マレーシア時間は少しずれている?

マレーシアに住んでいると、日本と比べると太陽と時間との感覚があわないことに気がつきます。

朝6時の時点ではまだ夜のように真っ暗です。午前7時近くになりようやくうっすらと明るくなってきます。

反対に、夜は午後7時の時点ではまだまだ明るく、夕方のように感じます。午後7時半過ぎからようやく暗くなってきます。

また、これはマレーシアでだけではなくシンガポールでも同じような感覚が体験できます。

マレーシアの時差まとめ

いかがでしたでしょうか?

あまり知られていない、マレーシアの時差とマレーシア時間の太陽と時間が合わない不思議。

マレーシア旅行した際には、こういった視点からも見てみるとより楽しめるかもしれません。

コメント

  1. […] より詳しい情報はこちらから […]

タイトルとURLをコピーしました