24インチの自転車の適応身長はいくつ?自転車の最適なサイズを選ぶ方法

24インチの自転車の適応身長はいくつ?自転車の最適なサイズを選ぶ方法

自転車の24インチの適応身長は?

自転車で20、24インチのような表記がされていますが、自転車全体のサイズ、フレームのサイズと思っている方がいます。

このサイズはタイヤの直径の大きさを表しており、1インチは2.54cmですので、24インチの場合だとタイヤの直径は61cmとなります。

各メーカーはそのタイヤサイズで適応身長や年齢を割り出しているだけであり、あくまでも参考値となります。
一方で、ロードバイクやクロスバイクの場合はタイヤのサイズが決まっています。なので身長の高さでタイヤのサイズを変えることはなく、フレームのサイズで選びます。

そう考えると、タイヤのサイズだけでママチャリや子供用自転車を決めると、実は乗りにくかったり、場合によっては乗れないなどの可能性があります。

【子供用自転車】24インチの適応身長

各メーカーが出しているタイヤサイズによる適応身長と年齢は以下の通りです。基本的には年齢は目安なので、適応身長に合わせて自転車を選びます。

  • 12インチ
    身長85~105cm
    年齢2~4歳
  • 14インチ
    身長95~110cm
    年齢3~5歳
  • 16インチ
    身長105~120cm
    年齢3~6歳
  • 18インチ
    身長110~125cm
    年齢4~8歳
  • 20インチ
    身長115~130cm
    年齢5~9歳
  • 22インチ
    身長120~140cm
    年齢6~11歳
  • 24インチ
    身長125~155cm
    年齢7歳~12歳
  • 26インチ
    身長135-160cm
    年齢9歳以上

実際乗ってみると分かりますが、同じ24インチでもメーカーによっては足が着いたり着かなかったりします。それはフレームサイズや形状が異なるためです。

例えば以下の自転車は同じ14インチの自転車ですが、上の自転車はサドル高さが35cmに対して、下の自転車は43cmになっています。8cmとなると子供にとってはかなりのサイズ差になりますね。

最初は足がべたっとつくサイズがベスト


子供用自転車の場合は、自転車が漕ぎ慣れて、ブレーキ操作も問題にならなくなるまでは、地面に足がべたっとつくようにした方がいいです。
またハンドルまでの距離も見てあげましょう。サドルを低くすればハンドルまでの距離も短くハンドルやブレーキの操作がしやすくなります。

自転車に乗り慣れてくれば、徐々にサドルを高くして、つま先がつくくらいまでサドルを調整するといいでしょう。

最近は3歳くらいから補助輪なしで乗り始める人も増えてきているので、3歳〜小学生入学後くらいまで長期に渡って乗れるような自転車も出ています。

【ママチャリ】24インチの適応身長は?

次に24インチのママチャリの適応身長を見てみます。大人向けは対応年齢は関係なくなります。

  • 24インチ
    130cm以上
  • 26インチ
    150cm以上
  • 27インチ
    160cm以上
  • 28インチ
    170cm以上

ママチャリの場合も子供自転車と同じように、つま先が地面につく程度に調整する必要があります。街乗りをすることが多いですから、急にストップできるように足が着いた方が安定感が増します。

なお、適応身長ちょうどのサイズを選ぶよりは、一つ小さいサイズを購入してサドルをあげるようにした方が良いです。そうすることで、ハンドルやブレーキの操作もしやすくなり、また漕ぎやすくなるため疲れにくくなります。

24インチでも子供と大人用は違う?

同じ24インチでも子供用とママチャリでは車体の大きさが異なります。
そこまで大きな差ではないので影響はないかもしれませんが、例えば中学生になって大人用のママチャリを購入する場合は、最初大きさを見た上で選んだ方が確実です。

自転車選びのコツ

利用用途を明確にする

通勤や通学で毎日使うのか、買い物で週に数回使うのか、また一回にどの程度の距離を乗るのか改めて把握しましょう。

例えば買い物で利用するのであれば、前かごの大きいものであるほうがいいですし、リアキャリアもあれば運べる容量が増えます。
通学や通勤で毎日乗るようなものであれば、ママチャリだけでなくクロスバイクも選択肢になってきます。
また道中に坂道が多ければ電動アシスト付きの自転車、悪路を走ることが多そうであれば耐パンク性の高いタイヤを装着した自転車にするなど、目的によって選ぶ自転車は様々です。

フレームの形状とサイズ

タイヤのサイズだけで選ぶと最適なものは選べませんので、フレームの形状やサイズで自転車を選ぶようにしましょう。

タイヤサイズが24インチの場合は130cm以上となりますが、クロスバイクだとフレームサイズが340mmを選ぶと良いです。
なおロードバイクは150cm以上(フレームサイズ470mm)が一番小さいものになるため、現実的には、ママチャリ、クロスバイク、マウンテンバイクのいずれかから選ぶことになります。

また女性の場合だと、フレーム形状がまっすぐのものではなく、トップチューブ(またぐ部分のフレーム)が下がっているものを選んだほうが、スカートを履いていても乗りやすくなります。

機能や素材面で選ぶ

多段ギア

最近のものは3段ギアが標準装備されていることが多いですが、欲をいえば6段あれば坂道やスタート時の漕ぎ出しが楽になります。

ブレーキ


ママチャリの場合だと、バンドブレーキが標準装備されていることが多いのですが、実は難点として錆びやすく、少し乗っていると音鳴りがうるさくなります。メンテナンスが面倒で錆び対策をしたければ、ローラーブレーキやサーボブレーキが搭載されたものを利用すれば音鳴りから解放されます。

自転車の材質

一般的なママチャリには、スチール素材のものが多いです。とくちょうとしては強度が高いのですが、重く錆びやすいです。
それに対して、アルミは強度は並ではあるものの、軽く錆びにくいです。

スポンサードサーチ

24インチのおすすめ子供用自転車

ブリヂストン ジュニアサイクル ワイルドベリー 24インチ

 

a.n.design works V246

 

GRAPHIS GR-24

 

21 Technology KD246

 

21 Technology EM246

 

KAZATO BKZ-246

 

24インチのおすすめママチャリ

21 Technology MC240

 

Lupinus LP246VD

 

C.Dream ソナタ SN41-H

 

スポンサードサーチ

24インチ相当のおすすめクロスバイク

ルイガノ LGS-CHASSE 24

 

ブリヂストン エクスプレスジュニア

ブリヂストン シュライン

 

ブリヂストン BWX STREET

 

GIOS ジェノア

 

BIANCHI PIRATA24

 

まとめ

タイヤのインチ数はあくまでもサイズの目安であり、それだけで自転車のサイズを選ばないほうがいいことをお伝えしてきました。

自転車選びのポイントを押さえながら、自分の体にあった自転車を選ぶようにしましょう。

自転車カテゴリの最新記事