自転車で飛ばない帽子の選び方 紫外線/日焼け/雨対策は?

自転車 帽子
自転車 帽子
  1. 自転車での帽子の選び方
    1. 自転車は風の抵抗を受けて帽子が飛ばないものを
    2. 自転車用帽子で夏の日焼け対策も
    3. 急な雨天時にも使えるものも
    4. 安全面を強化するなら帽子ライクなヘルメットも
  2. メンズ・ウィメンズ別おすすめの自転車向け帽子の形状
    1. 自転車向け帽子形状①キャップタイプ(メンズ・ウィメンズ兼用)
    2. 自転車向け帽子形状②キャスケットタイプ(メンズ・ウィメンズ兼用)
    3. 自転車向け帽子形状③ニット帽タイプ(メンズ・ウィメンズ兼用)
    4. 自転車向け帽子形状④ハットタイプ(メンズ・ウィメンズ兼用)
  3. 目的別おすすめの自転車での帽子
    1. 自転車の帽子選び①風に飛ばされにくく日焼け対策の帽子
    2. 自転車の帽子選び②雨と日焼け対策バッチリの帽子
    3. 自転車の帽子選び③顔から首の日焼け対策バッチリの帽子
    4. 自転車の帽子選び④安全性抜群で日焼け対策もするバッチリの帽子
  4. ロードバイク乗りなら「サイクルキャップ」がおすすめ
    1. ロードバイク向け帽子①コスパ最強のサイクルキャップ
    2. ロードバイク向け帽子②日よけ重視のサイクルキャップ
    3. ロードバイク向け帽子③中にかぶるのでもおしゃれを重視したいサイクルキャップ
    4. ロードバイク向け帽子④通気性抜群の速乾サイクルキャップ
  5. 用途別に自転車の帽子を楽しもう
スポンサーリンク

自転車での帽子の選び方

自転車 帽子 選び方

自転車 帽子 選び方

自転車に乗車するとき、どんな帽子をかぶっていますか?ヘルメットでしょうか?スピードを出すスポーツバイクであればヘルメットでしょうが、一般的な自転車ではよりカジュアルやおしゃれな帽子をかぶりたいかたが多いのではないでしょうか。
とはいえ自転車乗車時に最適な帽子を選ぶとなると様々なポイントを押さえておく必要があります。

自転車は風の抵抗を受けて帽子が飛ばないものを

自転車 帽子 風

自転車 帽子 風

まず歩いている時と違って風の抵抗を大きいです。都内だとオフィス街などは突風に見舞われることもありますので、その時に普通の帽子をかぶっていたら簡単に飛ばされてしまいます。特にツバが広めの帽子などは多くの風の抵抗をうけて飛ばされるのは確実です。帽子を抑えるために片手運転して事故ってしまったら・・そんなことにならないためにも、風の影響を受けないような固定できるもの、もしくはツバが短いものやニット帽のような帽子などが飛んでしまう不安を取り除けるかと思います。

自転車用帽子で夏の日焼け対策も

自転車 帽子 日焼け対策

自転車 帽子 日焼け対策

自転車の帽子をかぶる理由として、特に女性は日光から肌を守りたい人も多いかと思います。特に夏場の自転車に乗っているとすぐに肌が焼けてしまいますからね。自転車通勤をする人であれば朝から日中までの強い日差しの時間帯に自転車に乗る人が多いかと思います。そんな時にしっかりとツバが広くUVカットができるものがありますので、そういったものを選ぶとよいかもしれません。余談ですが、直射日光を避けることで熱射病や日射病から体を守ることもとても重要です。走っていると風を感じる分体感温度が下がるのもあって水分が足りないのを感じずに走ってしまう人も中にはいます。

急な雨天時にも使えるものも

自転車 帽子 雨対策

自転車 帽子 雨対策

自転車に乗っていると、突然の雨に見舞われることもあります。そんな時レインコートを携帯していれば問題ないですが必ずしも必要な時に手元にあるとは限りません。そんな時帽子が雨天時にも対応しているものであれば安心して走行することが可能になります。

安全面を強化するなら帽子ライクなヘルメットも

自転車 帽子 安全

自転車 帽子 安全

ヘルメットというとスポーツバイクに利用するようなものをイメージする人もいるかもしれませんが、ファッション重視のヘルメットも存在します。まるで見た目は帽子で、おしゃれ&カジュアルを実現したヘルメットがあります。一般的な街乗り自転車でも事故を起こす可能性は十分にあり得ます。そんな時、大事な頭さえ守ることができれば生存率に大きく影響してきます。安全面も考慮しながら、おしゃれも重視したい方にはおすすめです。

スポンサーリンク

メンズ・ウィメンズ別おすすめの自転車向け帽子の形状

自転車向け帽子形状①キャップタイプ(メンズ・ウィメンズ兼用)

自転車 帽子 キャップ

自転車 帽子 キャップ

一番多いのはメンズ・ウィメンズを問わないキャップ形状の帽子です。ツバの小さいタイプであれば風で飛ばされることもなく安心できますし、たとえツバが長かったとしても前後逆にかぶれば飛ばされにくくなります。スポーツタイプの自転車と相性が抜群と言えます。

自転車向け帽子形状②キャスケットタイプ(メンズ・ウィメンズ兼用)

自転車 帽子 キャスケット

自転車 帽子 キャスケット

おしゃれな自転車にはキャスケットタイプの帽子がいいでしょう。キャップのようにツバがあるので日光対策もできますし、しっかりとフィットするので風に飛ばされる心配もなさそうです。逆に自転車をえらぶかもしれません。街乗りのものでおしゃれなタイプの自転車や折りたたみ自転車などがいいかもしれません。

自転車向け帽子形状③ニット帽タイプ(メンズ・ウィメンズ兼用)

自転車 帽子 ニット

自転車 帽子 ニット

ツバがないので風の影響はほとんど受けませんが、日光を遮るものがないので日よけ効果は低いです。ただ頭部を保護はできるので熱中症対策には効果があると言えます。ニットということもあり蒸れやすくなりますので、できる限り通気性の良いものを選ぶといいでしょう。

自転車向け帽子形状④ハットタイプ(メンズ・ウィメンズ兼用)

自転車 帽子 ハット

自転車 帽子 ハット

ツバは広いものが多いので、極力風の影響を受けないためにもツバが小さいものが選べるとベストです。またフィット感も大事です。ウィメンズ用ですが、ツバ広でUVカット対策をバッチリした帽子もあります。その場合も極力頭にフィットするものを洗濯してください。

目的別おすすめの自転車での帽子

自転車の帽子選び①風に飛ばされにくく日焼け対策の帽子

風に飛ばされなく、UVカットの帽子をいくつか紹介していきます。女性専用のものから男女兼用のもので人気のものをいくつか紹介していきます。

自転車の帽子選び②雨と日焼け対策バッチリの帽子

雨風と日焼けに特化した帽子です。しっかりと雨風から身を守りたい人にはかなり実用的な帽子といえます。

自転車の帽子選び③顔から首の日焼け対策バッチリの帽子

日光に弱いけど自転車には乗らなければ行けない人や日焼けを最低限に押さえたい人は、頭から顔、首までを保護できる完全UVカットの帽子を使うといいでしょう。

自転車の帽子選び④安全性抜群で日焼け対策もするバッチリの帽子

見た目は帽子、ヘルメットの安全性を兼ね揃えたおしゃれなヘルメットです。欲張りなあなたにオススメの帽子です。

ロードバイク乗りなら「サイクルキャップ」がおすすめ

ロードバイクに乗ってる人で話題のサイクルキャップはオススメです。ヘルメットの中にかぶるもので汗が流れるのを止める効果が期待できます。快適さや雨風、日光から守りたいかどうかで選ぶものが異なってきます。いくつかオススメを紹介します。

ロードバイク向け帽子①コスパ最強のサイクルキャップ

つばなしで速乾性も高く、サイクルキャップとしての必要機能を要したサイクルキャップです。2枚組なので交互に利用することができます。

ロードバイク向け帽子②日よけ重視のサイクルキャップ

前後で日よけ対策のできるサイクルキャップです。首筋までを布で覆ってしっかりと日焼け対策ができます。また風でバタバタとならないような設計がされています。

ロードバイク向け帽子③中にかぶるのでもおしゃれを重視したいサイクルキャップ

イタリア製ならではのおしゃれなサイクルキャップ。ヘルメットを脱いだ休憩中でもおしゃれを重視できます。コットン100%でかぶり心地もばつぐんです。

ロードバイク向け帽子④通気性抜群の速乾サイクルキャップ

日本のサイクルウェアブランドのパールイズミが出している通気性抜群のメッシュ素材のサイクルキャップです。汗を吸収し、顔に流れてくるのを防ぎます。メッシュ生地で夏にも湿らないので快適です。

用途別に自転車の帽子を楽しもう

自転車の帽子といっても用途は様々な帽子がありました。雨の日や風に強いかどうか、日光対策ができているか、安全対策が必要かどうか。目的別に帽子を揃えるようにすると良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました