自転車を宅配便で送るには?送料を安く済ませる方法を紹介

自転車 宅配
自転車 宅配
スポンサーリンク

自転車を宅配する方法

結論から言ってしまうと、あなたの自転車が分解可能であるかどうかで選択肢が変わってきます。

それぞれの自転車に応じた宅配方法について解説していきたいと思います。

  • 分解可能なロードバイクやクロスバイク等のスポーツタイプの自転車
  • 分解が難しいママチャリやシティサイクル等の自転車
スポンサーリンク

分解可能なロードバイクやクロスバイクを宅配する場合の方法と送料

ロードバイクやクロスバイク等のスポーツタイプの自転車は、車輪が簡単に外れる仕組みになっているので、分解して専用の袋にいれて持ち運ぶ「輪行」ができます。

分解することで、宅配便として輸送が可能になります。

分解するのが難しいと思われがちですが、ほとんど工具いらずで分解ができますので、分解する練習をしましょう。

クロネコヤマト、佐川、ゆうパックで自転車を宅配する方法

クロネコヤマトで自転車宅配する場合

クロネコヤマトでは、重さ25kg、縦横高さの合計が1.6m以内の荷物を宅急便として扱ってくれます。

もしくはそれ以上のサイズの場合は、ラクラク家財宅急便を選べば輸送は可能です。分解すればどんなに大きい場合でも240cm未満に収まるとおもいますので、例えば東京-大阪間は8-9000円程度で輸送ができます。

佐川で自転車宅配する場合

これもヤマトと大きく変わりは
ありません。3辺合計が1.6m以内、重さ30kgまでとなります。

それよりも大きい場合は、飛脚ラージサイズ宅急便を選びます。そうすると3辺合計2.6m以内、重さ50kgまで対応してくれます。

佐川はサイズが小さくなればどの業者よりも割安になります。
東京-大阪間であれば、240cm未満が4914円、220cmで3834円、200cmなら3294円まで安くなります。

ゆうぱっくで自転車宅配する場合

ほとんど同じですが、3辺ごうけいが1.7m以内、30kgまでをゆうパック通常の荷物として対応してくれます。

ただこのサイズに収まらない限りは難しいため、ほかの輸送業者を選びましょう。

自転車専用プランを持つ宅配業者

自転車のみを輸送する場合、ヤマトや佐川以外にも対応してくれる業者が存在します。ただしどれも分解できない自転車はNGとなりますのでご注意ください。

シクロエクスプレス

スポーツ自転車専門の宅配システムを提供しており、申し込むと送付される専用の段ボールに入れるか、自身の輪行箱に梱包して集荷してもらえます。

指定したイベント会場やホテルでのピックアップも可能です。

発送者と受取者が違ってもOKで、最短翌日までに届くので便利です。

東京-大阪間は260cm以下で3900円となります。

JCAとサイクリングヤマト便(サイクリングタッグ)

サイクリングヤマト便はJCA(日本サイクリング協会)の会員限定サービスです。年間に頻繁に利用する方にはお得になります。

会員になるには、賛助会費とサイクリングタッグ費用が必要になります。

ヤマト運輸で輸送を行ってもらえますが、輪行袋必須で、輪行箱や段ボールはNGです。送料はヤマト便の60kg運賃が適用され、送料が2592円になります。

西濃運輸のカンガルー自転車輸送便

西濃運輸にはカンガルー自転車輸送便とカンガルー自転車イベント便の2種類があります。

大きな違いは、輸送場所の違いです。カンガルー輸送便は宿泊施設や引越しの輸送、販売で、カンガルー自転車イベント便はその名の通り、イベントや大会会場への輸送が対象となります。

自転車イベント便であれば、大会会場の特設ブースでの受け取りや帰りの集荷も可能です。

また輪行箱や輪行袋のレンタルも行なっているので、持ってない人には嬉しいサービスです。

往復割引き(1000円引き)があるのでイベント利用にはもってこいです。

3辺合計が280cm未満、東京〜
大阪間で4530円となります。

ママチャリを宅配便で送る方法と送料

ママチャリの場合は宅配便で送ることはできません。

選択肢としては、ヤマトの「ラクラク家財宅急便」というサービスを利用するか引越し業者を手配する必要があります。

ヤマトのラクラク家財宅急便の場合

東京-大阪間の場合19,170円です。

この金額だと、正直もう一台ママチャリを購入できる値段になりますので、引越し業者に頼む方が割安になる可能性が高いです。

引越し業者に頼む場合

また以下にご紹介するような比較サービスを利用すれば格安に輸送できますので積極的に活用すると良いでしょう。
ポイントは必ず数社の相見積もりをとるようにすることです。
面倒かもしれませんが、少しでも安くするためと思って、必ず2-3社は見積もりをとって値引き交渉を行ないましょう。

引越しの相見積もりなら、引越し侍

ママチャリを新規購入するなら

もし輸送を選択しない場合は、ママチャリを新しく購入し、古いものは廃棄手続きを行ないましょう。

おすすめのママチャリをいくつか紹介しておきます。

自転車宅配をするなら

利用用途によって選択肢が変わってきますが、ロードバイクやクロスバイクなどの自転車はとても高価なものなので、選ぶ業者は非常に重要です。

安全面と予算の両方を見て、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました