男女別にみる自転車通勤におすすめの服装は?雨や夏冬対策

自転車通勤 服装
自転車通勤 服装
スポンサーリンク

ダイエットやストレス解放のために自転車通勤が人気

自転車通勤 服装

自転車通勤 人気

最近、健康やダイエットや満員電車からのストレス解放から自転車通勤をする人が増えてきています。特にシェアサイクルが流行っていることもあり、スーツ姿で走っている人をよく見かけます!自転車はダイエット効果も高く、電車代やガソリン代がかからないので通勤手段としてはおすすめですが、特に夏は汗や日差しの対策が必要ですし、冬には寒さ対策が必要なため、多くの人が最適な服装に悩んでいると思います。

多くの人が悩んでいるであろう、自転車通勤時の服装について、男女別にみていこうと思います。

スポンサーリンク

そもそも自転車通勤に適した服装はどんなもの?

自転車通勤 適した服装

自転車通勤 適した服装

自転車通勤時に適した服装は、やはりサイクルウェアがおすすめです。最近はランニングやサイクリングなど健康を意識する人が増えたことから、機能性が抜群でおしゃれな自転車用の服装を販売するメーカーが増えてきています。女性ものなんかは普段使いもできるようなものまであります。
サイクルウェアは普通の服と違って、前傾姿勢になった時に背中や腰がでないように丈が少し長めに作られています。また風の抵抗をおさえるために全体的にタイトな作りになっており、本格的なものだと通気性をファスナーで調整できるものもあります。また保湿性が優れたものが多いので、特に冬場は汗をかいたあとに体を冷やしてしまいがちなのでサイクルウェアを重ね着したりして防寒と汗対策をうまく調節できると思います。

自転車通勤にはユニクロウェアの代用もあり!?

自転車通勤 服装 ユニクロ

自転車通勤 服装 ユニクロ

自転車専門のサイクルウェア以外で代用するとすれば、ユニクロ販売している製品「ヒートテック」「パフォーマンスタイツ」「ドライパンツ」「ウィンドブレーカー」などが多用できます。本格的なツーリングともなるとサイクルウェアをオススメしますが、自転車通勤であればユニクロだとコスパが良いと思います。

季節別にみる自転車通勤時の服装選び

季節によって汗対策や防寒対策などが必要ですが、どのような服装を選ぶと良いのか紹介していきます。

春・秋におすすめの自転車通勤時の服装選び

自転車通勤 服装 春秋おすすめ

自転車通勤 服装 春秋おすすめ

一年の中で最も自転車通勤のしやすい季節と言えますが、風が冷たく気温の変化も朝と夕方で10度以上差がつく日もあります。ですので春には薄手の羽織るものと長袖の重ね着を推奨します。手や足先が冷えやすくなるので末端を温める物をつけるのもオススメします。

春秋のサイクルウェアの選び方のポイント

・自分が走る時間帯の最低気温と最高気温を調べてみる
・最高気温に合わせたコーディネートを決める
・最低気温に耐えられる上着やアクセサリーを重ね着する

最高気温に近い場合の格好

半袖ジャージとサイクルパンツを組み合わせましょう。
もし寒い場合は、アームカバーとレッグカバーをつけると保温対策になります。

最低気温に近い場合の格好

アームウォーマー、レッグウォーマーを着用しましょう。個人差はありますがこれがあるだけで体感温度が5℃程度あがります。またこれでも寒い場合はウィンドブレーカーを重ね着すると風も防げるので防寒効果が高まります。
またネックウォーマーも着用すれば顔周りから首あたりから入る冷気を防げるのでより快適になります。

この季節は少し面倒に思うかもしれませんが、暑くなったら脱ぐ、寒くなったら着ることをして快適な自転車通勤を楽しみましょう。

春秋の自転車通勤におすすめの服装やアクセサリー

男女別にオススメのサイクルウェアの半袖ジャージとアクセサリーのアームウォーマーとレッグウォーマーを紹介していきましょう。サイクルウェアは安いものであれば3,000円程度で上下が購入できます。アームウォーマーとレッグウォーマーも500円から2000円くらいで手に入れることができます。

男性向け、春秋おすすめのサイクルウェアとアクセサリー

サイクルウェアの半袖ジャージ

アームウォーマー
レッグウォーマー
ウィンドブレーカー

女性向け、春秋おすすめのおしゃれなサイクルウェアとアクセサリー

サイクルウェアの半袖ジャージ

アームウォーマー
レッグウォーマー
サイクリング ウィンドブレーカー

夏におすすめの自転車通勤時の服装選び

自転車通勤 服装 夏のおすすめ

自転車通勤 服装 夏のおすすめ

夏はとにかく暑いです。特に近年は日差しも強く体感温度は40度を超えるような日もあります。しっかりと速乾性のある服装で汗対策と日差し対策を心がけましょう。

夏のサイクルウェアの選び方のポイント

・半袖ジャージとサイクルパンツ
・インナーウェアを追加して快適性をアップする

日焼け対策をしよう

アームカバーやレッグカバーを使って日焼け対策もできますが、インナーウェアをきることで対策ができますのでそのアクセサリーを身につけるのもオススメです。また熱射病対策にサングラスも極力かけるようにしましょう。

夏の自転車通勤におすすめの服装やアクセサリー

夏場の自転車通勤時も、春秋のサイクルウェアと基本的には変わりません。付け加えるとすれば上記で紹介したインナーウェアを着用すると、汗でベタベタにならずに肌面をドライに保って快適にしてくれます。半袖タイプのものもありますが日焼け対策も考えると長袖タイプをオススメします。女性はサイクリング用のスカートも涼しくていいかもしれませんね。

男性向け、夏おすすめのサイクルウェアとアクセサリー

サイクルウェア半袖ジャージ

インナーウェア
サングラス

女性向け、夏おすすめのおしゃれなサイクルウェアとアクセサリー

サイクルウェア半袖ジャージ

サイクルウェア スカート
インナーウェア
サングラス
UV対策のためのアームガード
自転車通勤 服装 冬のおすすめ

自転車通勤 服装 冬のおすすめ

冬場については何と言っても寒さ対策が必要です。薄着すぎてしまうと体が温まらず体が硬くなってしまい怪我の元になってしまいます。逆に厚着すぎると汗をかいてしまい体を冷やしてしまいます。
冬の自転車通勤を快適に過ごすためにオススメのコーディネートをご紹介します。

冬のサイクルウェアの選び方のポイント

・汗をかいても体が冷えないアンダーウェアを着用
・吸水速乾性や疎水性のある素材を選ぶ
・空気をとどめておけるタイプの素材を選ぶ

冬の自転車通勤におすすめの服装やアクセサリー

冬の自転車通勤には、長袖のサイクルジャージを着用しましょう。またその下に体温を逃さない低熱伝導性の編んだウェアを切ると空気が留まって体を冷やさずに過ごせます。またジャージの上にはウィンドブレーカーを羽織るようにするといいでしょう。汗を書きすぎないようにこまめに脱ぐことも大切です。かさばるのが嫌な場合はベストタイプでも十分です。胴体部分を温めておけば体感温度は変わります!

男性向け、冬おすすめのサイクルウェアとアクセサリー

サイクルウェア長袖ジャージ

サーモアンダーウェア
ウインドベスト・ウインドブレーカー

女性向け、冬おすすめのおしゃれなサイクルウェアとアクセサリー

サイクルウェア長袖ジャージ

ウィンドブレーカー・ウィンドベスト

スーツで自転車通勤をする場合

自転車通勤 服装 スーツ

自転車通勤 服装 スーツ

引用:Tokyo Wheel

職場によってはスーツ着用が必須のところもあるでしょう。基本的にはスーツではなくサイクルウェアを着用することを強く推奨しますがどうしても仕方がない場合は、実はサイクリング用のスーツも発売されています。ただやはり割高にはなるのでサイクルウェアがいいでしょうね。職場のトイレや更衣室を使って出勤前に着替えてしまいましょう。

自転車専用スーツ「バイシクルスーツ」は便利

自転車専用のスーツということもあり、「速乾性」「防皺性」「ケアが楽」といった強みを持っており、見た目もスタイリッシュなことから人気の商品です。しかも自転車で走っているとシワになりがちですが、このスーツはくちゃくちゃに丸めてもシワが残らないようになっています。

色々なスーツが販売されているので興味のある方はこのサイトを見てみるといいかもしれない。

バイシクルスーツを見てみる

自転車通勤後時の汗対策

自転車通勤 服装 汗対策

自転車通勤 服装 汗対策

どの季節でも会社に着いた時には汗をかいてしまっていますね。汗かいたままで出社したら嫌がられてしまいますのでしっかりとデオドラント対策もしておきましょう。

男性におすすめなデオドラント商品

女性にオススメなデオドラント商品

汗をかいたものを入れておく消臭バッグ

雨の日の自転車通勤はどうする?

自転車通勤 服装 雨の日

自転車通勤 服装 雨の日

自転車通勤の方にとって一番注意が必要なのは雨です。最近はゲリラ豪雨など、予測ができない日もありますよね。予測できる日は極力電車で行くことを推奨しますが、突然の雨の時の対策のために、レインウェアも携帯しておくといいでしょう。

なお傘をさして自転車を運転するのは道路交通法上禁止となっていますので避けるようにしましょう。

上下セットで安く購入できるものが多いので、一つ買っておくと重宝します。

自転車通勤 服装まとめ

自転車通勤はストレスから解放され、また健康面やダイエットにも効果があるのでとてもオススメです。これから自転車通勤を考えている方はぜひ参考にしていただき快適な自転車通勤生活を楽しんでいただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました