雨の日にもう濡れない!最強におすすめの自転車用レインウェア22選

自転車 レインウェア
自転車 レインウェア
  1. 自転車用レインウェアで雨対策を
  2. 自転車用レインウェアのタイプ
    1. 長時間快適に走行できる「セパレートタイプ」
  3. 自転車用レインウェアの選び方
    1. 濡れにくいかどうか(耐水圧)
    2. 蒸れにくいかどうか(透湿性)
    3. 収納性が高く、軽量なものを選ぶ
    4. ヘルメット対応できるフードかどうか
    5. リュック対応をしたいか
    6. 安全性を考慮して目立つデザインや反射材が採用されたものを
  4. 自転車用レインパンツの選び方
    1. 動きを制限しない
    2. 巻き込み防止
    3. 腹部圧迫、ファスナー
  5. 自転車レインウェアのサイズ選び
  6. 自転車レインウェアのメンテナンス
    1. メンテナンス方法
  7. 自転車用レインウェア(セパレートタイプ)の人気ランキング9選
    1. WARMQレインコート上下セット
    2. MIZUNO アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ
    3. トオケミ(TOHKEMI)  全天候型 アウトドア ウェア FE ストレッチ Rain Suit+ キャリーポーチ セット
    4. マック レインスーツ オリーブ 4L 裾上げ調整可能 防水 アジャストマック AS-5100
    5. ワークマン W-7600 BAG in透湿レインスーツ
    6. カジメイクレインウェア 上下セット
    7. エドウィン] レインウェア 上下セット 防水 透湿
    8. キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レインスーツ
    9. コロンビア(Columbia) シンプソンサンクチュアリレインスーツ
  8. 自転車用レインウェア(ポンチョタイプ)の人気ランキング8選
    1. QIANレインコート
    2. krosta【全7色(日本語パッケージ)】高品質 自転車/バイク レインコート
    1. ロゴス リプナー サイクルレインポンチョ
    2. OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ) レインポンチョ
    3. ODFMCE レインコート ポンチョ
    4. レインコート Hoomoi レインポンチョ
    5. 【DENGDING】軽量 レインコート 自転車用 ロング 袖付き レインポンチョ
    6. (サムシング) SOMETHING ウィズレインハイポンチョPlus
  9. ロードバイク乗りにおすすめの高機能レインウェア5選
    1. モンベル レインダンサージャケット
    2. ザ・ノース・フェイス ストライクジャケット
    3. モンベル サイクルレインジャケット
    4. パタゴニア トレントシェルジャケット
    5. (ホグロフス)HAGLOFS レイン L.I.M III JACKET
  10. レインウェア以外の雨対策はこちら
スポンサーリンク

自転車用レインウェアで雨対策を

レインウェア 雨対策

レインウェア 雨対策

自転車を乗っている際に絶対に避けられない雨、特に突然の雨や最近だとゲリラ豪雨のようなものは対策のしようがありませんよね。そんな時レインウェアを携帯しておけば万が一の時でも雨の対策をとることができます。レインウェアもモンベルなどのアウトドアブランドやワークマンといった作業服をメインとしたメーカーが出すゴアテックス製の高機能なレインウェアや比較的手に入れやすいセパレートやポンチョ形式といったように様々な種類のレインウェアがあります。

今回は自転車用レインウェアの選び方から形状別におすすめのレインウェアを紹介していきます。

スポンサーリンク

自転車用レインウェアのタイプ

自転車用のレインウェアには2パターンあります。上下に分かれたセパレートタイプと、上からかぶるだけのポンチョタイプがあります。それぞれ適したシーンが違いますので、利用シーンに合わせて選んでみましょう。

長時間快適に走行できる「セパレートタイプ」

 

セパレートタイプはジャケットとパンツに分かれているので、動きやすくスポーツバイクに乗る人にはおすすめです。大雨の日や長時間自転車に乗ることがある場合は、セパレートタイプが向いています。ただ全身がカバーされるためポンチョタイプよりも蒸れやすく、セパレートタイプを選ぶのなら透湿性を重視するようにします。

上から簡単に着脱できる、通気性の高い「ポンチョタイプ」

ポンチョタイプは上から簡単に着脱できるレインウェアです。リュックを背負ったまま着用できるので大切な荷物が守れるのが特徴です。ただし、形状の関係で膝から下は濡れます。できればレインパンツやレインブーツを履いて下半身用に雨対策をした方がいいです。風には弱いので長時間の走行には向きませんが、近隣に行くようなケースだけであれば気軽に着脱できるので向いています。

自転車用レインウェアの選び方

自転車レインウェア 選び方

自転車レインウェア 選び方

自転車用のレインウェアは雨をしっかりと防げることだけでなく、自転車を快適に走行できることが一番重要になります。その他にも用途によって選ぶ際のポイントが変わってきます。それぞれのポイントを押さえながらベストなレインウェアを選びましょう。

濡れにくいかどうか(耐水圧)

まず一番のポイントは濡れないことです。濡れないといってもレインウェアによって防水性が全くことなってきます。防水性はレインウェアに使われている素材ではなく、耐水圧を目安にします、

例えば下図のように短時間自転車に乗る場合は2,000mm以上、長時間乗る場合は10,000mm以上が必要となってきます。まず間違いなく嵐レベルで自転車に乗ろうとする人も少ないと思いますので、10,000mm以上あれば安心でしょう。10,000mm以上あれば自転車だけでなく、他のアウトドアのアクティビティでも対応ができます。
また加えて撥水加工がされているかも見ておくといいです。撥水加工済みの商品であれば快適性がさらに増します。

耐水性対応可能な雨の強さ
300mm小雨レベル
2,000mm中雨レベル
10,000mm大雨レベル
20,000mm嵐レベル

蒸れにくいかどうか(透湿性)

雨の日はジメジメしているのでレインウェアをきていると、すぐに中が蒸れて汗をかいてしまうこともしばしば。そんな雨のジメジメから解放されたければ、レインウェアの透湿性をチェックしましょう。

透湿性はレインウェアが24時間の間にどの程度の湿気を通せるかを数値化したものです。5,000g以下のものは快適とは言えません。10,000gほどでようやくある程度快適となるレベルです。ですので最低でも10,000g以上、できれば20,000g以上になるようなものを購入しましょう。当然ですが、透湿性が高ければ高いほど、レインウェアの価格も上昇します。ただクロスバイクやロードバイク等のスポーツ自転車で毎日の通勤通学するのであれば快適性を重視した方がいいと思います。

運動レベル発汗量/時間
大人安静時約50g
軽い運動約500g
ランニング等の運動約1,000g

収納性が高く、軽量なものを選ぶ

毎日の通勤や通学に利用するのであれば、バッグなどにしまえるように収納性が高く、できる限り軽量なものを選んだほうがいいでしょう。どんなに高機能でもカバンにしまえなかったら意味ないですからね。しっかりと機能を満たし、なおかつ軽くて収納性の高いものがベストです。また軽くて小さければ自転車以外のシーンで旅行やアウトドアにでも持ち運びができるので活用シーンが広がります。

ヘルメット対応できるフードかどうか

ロードバイク用のレインウエアにはフードがついていないものもありますが、もしフード付きであればヘルメットを上からかぶることもできます。そうすればヘルメットをかぶったままフードをかぶれるので雨で濡れずにすみます。単にヘルメットを覆えるものではなく、視界がクリアになるようにフードの深さを調整できたり、頭部にしっかりフィットする絞りがついたものがおすすめです。

リュック対応をしたいか

基本的にはレインウェアのタイプが限定されますが、ポンチョタイプであればリュックを背負ったまま、上からかぶるだけで簡単に着用ができます。急な雨でも荷物を守りながら走ることができるのが特徴。セパレートタイプのものでも一部対応しているものはありますが、多くのケースでポンチョタイプを選ぶことになると思います。

安全性を考慮して目立つデザインや反射材が採用されたものを

色の好みはあるかもしれませんが、車や歩行者からも見つけやすいように、明るい色や反射材のあるレインウェアを選ぶようにしましょう。ただでさえ雨の日は遠くが見えなくなり、視界が悪くなります。夜間の運転時や交通量の多い場所を走る場合は、赤や黄色、白やオレンジなどの極力明るい色がいいです。暗い色がいい場合は、反射テープを購入して安全性を高めましょう。

自転車用レインパンツの選び方

動きを制限しない

ロードバイクで最も動かす部分が膝であり、その可動範囲は大きい。そのため、伸縮性が高い素材や立体裁断が施されたものが必須。自転車や登山などのスポーツ向きのレインパンツであれば問題ないが、普通のレインパンツはこの部分が動かしにくいためペダルを回しにくく不便。

巻き込み防止

忘れがちなのが裾のチェーンリング巻き込み。レインパンツが巻き込まれてしまうとすぐに破れてしまうので注意が必要。そのため、レインパンツにはフラップ付きのものを選ぶ。フラップつきの多くはシューズを履いたまま着脱できるので便利。

腹部圧迫、ファスナー

一般的なレインパンツには歩行を想定しているので前部分にファスナーがついているが、ロードバイクは前傾姿勢をとるので腹部を圧迫して不快感のもとに。ロードバイクのレインパンツはファスナーがついていないものを選ぶといい

自転車レインウェアのサイズ選び

レインコートを自転車通勤時だけでしか使用しないのであれば、ワンサイズ大きいモノを選びましょう。というのも、メッセンジャーバックやリュックサックなどをレインコートの中に入れて雨から守ることも視野に入れましょう。

一方で、雨に強いウインドブレーカーとしての位置づけで探すのであればジャストサイズがおすすめです。もちろん冬には中に着こむことも考慮に入れますが、すぐに体が温まってくるため、そこまで厚着をする必要はありません。一方でクロスバイクは思った以上に風の影響を受けやすく、大きいサイズであればその影響は更に強くなるからです。

自転車レインウェアのメンテナンス

レインウェアは定期的にメンテナンスを行わないと、繰り返しの使用や洗濯などによって徐々に機能が低下します。雨天時に使用したまま放置しておくと劣化が早まってしまいます。また汚れも残しておかないようにしましょう。微細な穴が目詰まりすると透湿性が低下してしまいます。しっかりとメンテナンスを行いレインウェアを長持ちさせましょう。

メンテナンス方法

1.乾いた布で水気を拭き取る。

2.汚れた場合は中性洗剤かぬるま湯で優しく手洗いする。

3.日陰で干す

自転車用レインウェア(セパレートタイプ)の人気ランキング9選

WARMQレインコート上下セット

WARMQ レインコート上下セット

WARMQ レインコート上下セット

コスパ最強の普段遣いようのレインウェア。性能面は高性能タイプには劣るので長距離走行にはあまり向いてはいませんが、コスパがいいことからAmazonでもベストセラーの人気商品。丈夫に作られているが故に少し重みはありますが、袖部分は二重構造、ポケットも雨が入らないような工夫がされています。

MIZUNO アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ

(ミズノ) MIZUNO アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ

(ミズノ) MIZUNO アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ

スポーツメーカーのミズノが独自の防水透湿素材である「ベルグテックEX」を採用したレインウェア。高い撥水・防水・透湿力を備えた高機能なレインウェアになります。耐水圧30,000m、透湿性16,000g、、新撥水加工も強化されているので雨にもバッチリの機能を兼ね揃えています。コスパは最高といえるレインウェアです。

Amazon

トオケミ(TOHKEMI)  全天候型 アウトドア ウェア FE ストレッチ Rain Suit+ キャリーポーチ セット

トオケミ(TOHKEMI) 【Field Equipage】 全天候型 アウトドア(透湿レイン) ウェア FE ストレッチ (スリムフィット) Rain Suit (#7900) + キャリーポーチ セット

トオケミ(TOHKEMI)  全天候型 アウトドア ウェア FE ストレッチ Rain Suit+ キャリーポーチ セット

マック レインスーツ オリーブ 4L 裾上げ調整可能 防水 アジャストマック AS-5100

マック レインスーツ オリーブ 4L 裾上げ調整可能 防水 アジャストマック AS-5100

マック レインスーツ オリーブ 4L 裾上げ調整可能 防水 アジャストマック AS-5100

マックのレインウェアの特徴はパンツの丈が3段階で調整できること。自分の好きな長さに変えられるのでレインウェアのパンツの長さで悩んでいる人にはオススメです。サイズ、カラーバリエーションも豊富なので体型に合わせて好みの色を選ぶことができます。

 

ワークマン W-7600 BAG in透湿レインスーツ

W-7600 BAG in透湿レインスーツ

W-7600 BAG in透湿レインスーツ

カジメイクレインウェア 上下セット

カジメイクレインウェア 上下セット

カジメイクレインウェア 上下セット

 

エドウィン] レインウェア 上下セット 防水 透湿

エドウィン] レインウェア 上下セット 防水 透湿

エドウィン] レインウェア 上下セット 防水 透湿

耐水圧10,000mm以上と防水性十分のレインウェアです。反射シートもはってあり、夜の安全性も確保されています。フードも丸めることで口元から深くかぶることができるので雨から濡れることを防いでくれます。

 

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レインスーツ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レインスーツ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レインスーツ

 

 

コロンビア(Columbia) シンプソンサンクチュアリレインスーツ

コロンビア(Columbia) シンプソンサンクチュアリレインスーツ

コロンビア(Columbia) シンプソンサンクチュアリレインスーツ

コロンビアが独自開発した「オムニテック」を採用うぃており、優れた防水透湿機能で快適なレインウェアです。
雨や汚れを完全にシャットアウトします。アンクルジッパーの搭載で靴を履いたままの着脱も簡単、ポケット内側もメッシュしようで快適に保ちます。アウトドアにはもちろん、デイリーユースやスポーツにも幅広く活躍します。

QIAN レインコート

QIANレインコート

AmazonでもベストセラーとなるQIANのポンチョタイプのレインウェアです。前丈120cm、後丈105cm、幅110cmとロングタイプで横幅もあるため、リュックを背負った状態で全身をカバーしてくれます。防水性と耐摩耗性の高いナイロンオックスフォードを採用しています。低価格ながらも素材には防水性と耐摩耗性の高いナイロンオックスフォードを採用し、背中に反射テープを貼っているので安全性が高いです。

krosta【全7色(日本語パッケージ)】高品質 自転車/バイク レインコート

krosta]【全7色(日本語パッケージ)】高品質 自転車/バイク レインコート

krosta]【全7色(日本語パッケージ)】高品質 自転車/バイク レインコート

krostaのレインウェアは、上からかぶってマジックテープで留めるだけの簡単装着で手軽に使えるのがおすすめポイント。家近くの移動やお買い物などの近距離移動にはすごく向いているでしょう。オックスフォード素材を使っているので、防水性と耐摩耗性は高く、低価格でありながら高機能な高コスパのレインウェアです。

ロゴス リプナー サイクルレインポンチョ

ロゴス リプナー サイクルレインポンチョ

ロゴス リプナー サイクルレインポンチョ

独自のベンチレーションシステムを採用し、蒸れを防ぐだけでなく、三重の防水開講で雨にも濡れない、全天候型のウェブランド「LIPNER」が提供するレインウェアです。先端を前かごに固定できるものも付いているので前かごにバッグを入れる場合でも濡れずに移動できます。

 

OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ) レインポンチョ

OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ) レインポンチョ

OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ) レインポンチョ

人気のアウトドアブランド「OUTDOOR PRODUCTS」が提供するポンチョ型のレインウェアです。

 

ODFMCE レインコート ポンチョ

ODFMCE レインコート ポンチョODFMCE レインコート ポンチョ

夜間事故防止用に安全反射シート付き、高品質のポリタフ生地とPVC製で防水性能に優れ洗いやすいレインウェアです。フードはヒモ付きで顔に合わせて調整できるので、風の強い日には締めておけば安心です。

 

レインコート Hoomoi レインポンチョ

レインコート Hoomoi レインポンチョ

レインコート Hoomoi レインポンチョ

ナイロンオックスフォード素材を採用しているので撥水・防水・摩耗耐性が強力です。バイザーにはPV透明膜デザインを採用しているので光が当たっても視界に影響を受けません。自転車用に設計がされているのでレインブーツさえあればほとんど濡れずに走行することができます。

【DENGDING】軽量 レインコート 自転車用 ロング 袖付き レインポンチョ

【DENGDING】軽量 レインコート 自転車用 ロング 袖付き レインポンチョ

【DENGDING】軽量 レインコート 自転車用 ロング 袖付き レインポンチョ

(サムシング) SOMETHING ウィズレインハイポンチョPlus

(サムシング) SOMETHING ウィズレインハイポンチョPlus

(サムシング) SOMETHING ウィズレインハイポンチョPlus

信頼のできるTPUラミネート素材。耐水圧5000mm、背中反射材付きと、近距離の自転車移動には申し分ない性能を持ち合わせています。手甲カバーがあるのが何気に嬉しいです。別売りレインバイザー(V-001)を取り付ければ、雨から濡れることを防ぎ、視界も良好になります。

 

 

ロードバイク乗りにおすすめの高機能レインウェア5選

モンベル レインダンサージャケット

モンベル レインダンサー ジャケット

モンベル レインダンサー ジャケット

ザ・ノース・フェイス ストライクジャケット

ザ・ノース・フェイス ストライクジャケット

ザ・ノース・フェイス ストライクジャケット

モンベル サイクルレインジャケット

モンベル サイクルレインジャケット

モンベル サイクルレインジャケット

超軽量・コンパクトをウリにした自転車専用のモンベルのレインウェアです。収納性能は高くサイクルジャージの背面ポケットに収まるレベル。ですので常時携帯していてもなんの負担もありません。防水性と透湿性の優れたゴアテックス素材を採用し、前傾姿勢でも対応できるように背中部分が長く作られています。自転車専用で着たいならこれ一枚あれば十分なレベルです。

パタゴニア トレントシェルジャケット

パタゴニア トレントシェルジャケット

パタゴニア トレントシェルジャケット

 

(ホグロフス)HAGLOFS レイン L.I.M III JACKET

(ホグロフス)HAGLOFS レイン L.I.M III JACKET

(ホグロフス)HAGLOFS レイン L.I.M III JACKET

ゴアテックス素材を採用し防水性と透湿性を備えながらも軽量なのがウリのジャケットです
完全立体裁断でフードをかぶったときに不自然なたるみがないのも特徴です。

 

レインウェア以外の雨対策はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました